高速船に乗ってサクっと釜山へ海外旅行してみる。

IMG_5412

福岡など、九州近辺にお住まいの方が釜山に旅行するなら、飛行機もいいですが、やはり高速船「ビートル」か「コビー」を利用するのもオススメです!

「海外旅行に船を使うって大丈夫なの!?」と私も初めはかなり不安でしたが、最近では2014年頃からずっとフリーパスを購入し続けていて、しょっちゅう日韓を行き来するヘビーユーザーとなりました(2015年度はフリーパス販売しないらしいですが/泣)。快適すぎる船での移動にすっかり慣れ、日本からもこんなに気軽に海外に来れるんだ!と実感しています。そこで、今回は実際どんな感じなのかを詳しくレポートしてみたいと思います。

IMG_5692↑日本の「JR九州高速船BEETLE (ビートル)」

福岡ープサンは、たったの2時間55分で海外旅行ができる!

・時間…2時間55分(新幹線で言えば、東京ー京都くらいの感覚。)
・距離…213km(博多ー広島の距離より短い!?)
・価格…大人片道13000円(実は公式キャンペーンを活用することでもっと安く買えることが多いです。往復3900円とか…)

ビートルとコビーの違いは…どちらも価格や高速船のつくりはそれほど変わらないのですが、まず「BEETLE (ビートル)」は日本の「JR九州高速船」が運営している一方「KOBEE(コビー)」は韓国の「未来高速船」という会社が運営しているという違いがあります。

IMG_5695↑韓国の「未来高速船KOBEE(コビー)」

このように船体のデザインもちょっと違いますよね。ちなみにそれぞれ、日本の「BEETLE (ビートル)」は赤韓国の「KOBEE(コビー)」は青…という感じでカラーイメージを分けているようです。

ビートルとコビーを利用するメリット

私が実際に利用してみて、いいなと思ったことと、ちょっと不便だな〜と思ったことなどは以下の通りです。

ここがいい!!ビートルとコビーのメリット
・安い。(一人旅や女子旅、学生旅行にはコレ大事!)
・思い立った時に申込める。(席が空いていれば割とギリギリまで購入できます)
・意外と速い。(高速船ですから…)乗り心地もいい。
・液体物も持ち込める。(飛行機のように預け入れしなくていい)
・航空機のように空気が乾燥しない。(女性のお肌は乾燥が大敵ですよね)
・時間が遅れたりすることもほとんどないし、降りてからも大抵10分程度で入国できる。

IMG_4147↑ビートル船内の様子

ビートルとコビーを利用する時のデメリット

IMG_5393↑コビーのチケットとフリーパスカード

要注意およびデメリットはこんな感じです。
・事前に座席の指定ができない。(個人的にはここはあまりこだわりないのですが)
・波が高い日だと、揺れが大きくなり船酔いすることがある。(個人差あり)
・天候によりまれ〜に(ほぼないですが)欠航することがある。
・ハイシーズンの場合、すぐ満席になる。(特に韓国の連休に重なると帰国便が確保できないことも。)
・マイルが貯まらない。(船なのでそりゃ当然ですよね。)

すぐ船酔いしてしまうなど、乗り物に弱い人は…

実は、自分が乗り物酔いするタイプなんですが(笑)意外とビートルは大丈夫です。思ったより安定感があるんですよ。ビートルとコビーは「ジェットフォイル」という方式を採用しているようで、船自体が海水から浮いたような状態になることで、直に水の抵抗を受けないので船体が揺れにくいらしいですね。初めて乗った時の感覚は「新幹線に乗った時くらいの揺れ」だったのを覚えています。

出国前の手続きカウンターに行くと、「今日の波の高さは〜mくらいです」と書いてあるのですが、三半規管の弱い私でも、まあだいたい2.0くらいまでなら全く酔わないですね。どちらにしても、帰国の時は特に疲れてよく寝てしまうので気にせずに済みます(笑)。その時の体調にもよるので、心配な時は「酔い止め薬」を予め飲んでから乗船されることをおすすめします。

IMG_2885↑釜山港国際ターミナル内にある薬局で購入できる、酔い止め薬3000ウォン。(約300円)

上の写真の購入した酔い止め薬(韓国語では、モルミヤクと言います)は、リポビタンやチオビタのような栄養ドリンクと一緒に錠剤を飲むのですが、水がなくても飲めるのが便利。これはとっても効果がありました。(嵐の日に乗っても酔わなかったです/笑)ただ、乗船1時間くらい前に飲まないと効かないタイプのものでしたので、ギリギリの乗船だと不向きかもしれません。その場合は、予め買っておくか、または酔ってからでも効果が得られる日本の酔い止め薬が便利。

私の常備薬でもある下記の酔い止め薬「エスエス製薬のアネロンニスキャップ」はよくお世話になるのですが、カプセルタイプで効き目は速攻型。評判もいいみたいだしバッチリ効きます。

【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル

そうは言っても、あんまり酔うことはないと思います。備えあれば憂いなしってことで。では、次は手続き方法や場所、港ターミナルや船内の様子、そして実際に乗ってみた時かかった時間など率直な感想をつづった体験記を書く予定です!^^

 記事がお役に立てましたら、下のボタンを1日1回ずつぽちぽちっとして応援して頂けると、今後の更新の励みになります!いつもありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ  

Similar Posts:

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】海外航空券バナー!!

管理人の自己紹介

釜山在住4年目の管理人「じょんふぁ」です。

韓国の第二都市「釜山」をテーマとして、お役に立てるブログを目指し、マイペースに現地の今をお伝えしています。コメントの書き込み大歓迎です!

「トラベルコちゃん」にて掲載中です!

総合旅行情報サイト「トラベルコちゃん 海外現地クチコミページ」にて、「釜山のプロ」の一人として「釜山のおすすめホテル15件」記事執筆をさせて頂きました。(2015年4月7日リリース済み)ぜひご覧下さい。下記画像クリックで「トラベルコちゃん」へ移動できます。↓

2つのブログランキングに参加中です。


にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ  

RSSでいち早く新しい記事が読めます♪

↓「feedly」でRSSが利用できます!

follow us in feedly

楽天トラベル株式会社
ページ上部へ戻る