すべてが美術館並みのクオリティ!韓国で最もデザインのいいカフェ

IMG_2345

先日、すごいカフェを見つけてしまいました。外観も、美術館のような美しい佇まいなのですが、ここ、タダものではないようです。

IMG_2373

 

名前は、「INNO CAFE」。もうセンスがいいのなんのって!デザインにとことんこだわりを感じるりんとしたオーラに、「ここは韓国で最も素晴らしいアートカフェのひとつだ」と確信したほどです。どちらかと言えば、「インテリアブック」と「カフェ」の融合型美術館、と表現するのが正しいような気すらしますね。

 

IMG_2335

ちょっぴりサファリテイストなインテリアの店内。とっても洗練されています!!しかもお客さんがいない時間帯だったようで…貸し切り状態〜♡^^

 

席数はそれほど多くありません。

IMG_2353

お店のインテリアを見ているだけで、思わず「わ〜〜〜!!」という感動のため息混じりの一言が出てしまう。つい幸せな気持ちになってしまいました。この後ろに見える「本」の数々は、すべて「デザイン」に関するもの。世界中から集めたらしく、洋書だけでなく日本のデザイン本もたくさんありました。確かに、日本もデザインという分野では最先端を行く国のひとつと言えるでしょう。

 

ここにある本は、すべて無料で自由に読むことができるんですよ。

IMG_2336

↑さて、よ〜〜〜〜く見て下さい。この本たち。。何か気づきませんか?

 

…この並べ方、意図的にやってるのが分かりますか?そう、これもインテリアのひとつ。この本の向きと配置場所と分量を調節することにより、インテリアにアクセントをつけてるんですね。さすがです。

 

本って、下手すると生活感出てしまうから、収納とインテリアの関係がとても難しいアイテムのひとつ。余談ですが、ウチでは、この問題をどうすればいいかと考えたところ、ある程度「大きさ」「色」別に分けることでごちゃごちゃしたイメージをなくす、というのを実践してみたりした経験があります。統一感を出すと、見た目がぐ〜んとスッキリしますよ〜。^^

IMG_2340

ところで、特筆すべきなのが、ここのコーヒーメニュー。

韓国では、日本でいう「ブレンドコーヒー」のかわりに「アメリカーノ」を注文するのが定番だというお話を、以前メインとして運営していたアメーバブログに書いたことがありますが、ここに限ってはその「アメリカーノ」すら存在しません。その上驚くことに、コーヒーの種類が細かく分かれているんです!スタバで言えば、「エスプレッソロースト」なのか「ハウスブレンド」なのか…という豆の種類別っていうイメージですね。

IMG_2345

そんな訳で、私は「ダッチコーヒー」のスペシャルメニューにしてみました!↑「ダッチコーヒー」とは「水だしコーヒー」のことで、お豆の抽出方法が特殊なんですよね。じっくり時間をかけて丁寧に作るこの写真のダッチコーヒーは、炭酸と割ってあるというもので、今までにない不思議な味わいを楽しめました。今までのコーヒーってなんだったんだろうっていうくらいおいしいんですよ、コレ。

 

IMG_2347混ぜるとこんな感じ〜。(もちろん混ぜて飲むスタイルなのですが。)

ところで、ここのコーヒーがおいしいのは理由があるんですよ。そもそも豆を選ぶバイヤーが、わずかしか採取できないというすごく貴重な素材を厳選して調達していることと(たしか…7%しか採取できないもの…とかそんな感じだったと思う)、その後のコーヒー豆の管理も「14日過ぎたら破棄する」といった徹底ぶり。なるほど、それでこの味なのね、と納得です。そしてお値段も釜山の平均的な価格帯からすると高い方ですね。どのコーヒーも5000ウォン以上から、という感じです。

 

IMG_2355

お店のカードがルーラー(定規)みたいになっていてこれまたオシャレ。真ん中に少し折り目がついていて、折ることもできるデザイン。

 

IMG_2348

で、ですよ。。ここのメインは実はこの写真に書かれている通り「2階の図書館」です。

 

2階図書館には、1階では見ることができない貴重なデザイン本がたくさん貯蔵されていて、めったに入手できないレアなものばかりなので、とにかく価値ある図書館なのだそうです。ただ、ここに入るには、カフェとは完全に別料金なので、基本的に1日利用で8000ウォン必要だそう。それに加えて、初回は2000ウォンで個人IDカードの作成料金も必要なので、初めての利用の場合は1万ウォンという感じですね。

 

IMG_2366

これが2階図書館です!実は、料金払って入室したのではなく、お店の人の好意で「よかったら入ってみます?」とIDキーまで貸して下さって写真撮らせて下さったんです〜〜。すごく優しい親切な店員さんでした〜〜!!旦那が興味津々でうずうずしていたのを見透かされたのだと思いますが…(笑)。(ちなみに、初めてここに訪問された方の為に補足しますと…旦那は美大のデザイン科出身です。)

 

IMG_2370

ここも本当にステキ!!特に、窓のデザインのちょっとした仕掛けが感動…。反対(外)から見ると、このお店の名前「INNO」の文字になっているんですよ!さすが〜。どこを見てもカッコイイです。

 

IMG_2363

ブックスタンドにもデザイン本。

 

IMG_2365 IMG_2364室内が暗いから、シャッタースピードを40とかにしちゃった結果…やはりブレてしまって残念な写真ですが(レンズ交換すべきだった/涙)、雰囲気はお分かりいただけるかと…。 建物そのものがアートですね。

 

IMG_2377

場所は、釜山地下鉄1号線の「チュアンドン」11番出口からすぐの場所にあります。「ナンポドン」から歩いてもすぐですよ。

 

よかったら一度行ってみて下さいね♪^^

 記事がお役に立てましたら、下のボタンを1日1回ずつぽちぽちっとして応援して頂けると、今後の更新の励みになります!いつもありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ  

Similar Posts:

関連記事

コメント

    • T-ara
    • 2013年 6月 16日

    ブログお引っ越しされたんですねぇ。

    凄く素敵なカフェですねwジョンファさんの写真も凄くイイです。
    私も写真見習いたいです^_^;
    水出しコーヒー夏になると良く飲みます美味しいですよねぇ↑
    でも、炭酸で割るって、、、、。どんな感じか飲んでみたいですw

      • じょんふぁ
      • 2013年 6月 16日

      おはようございます!T-araさんだ〜〜!!
      遊びに来て下さってありがとうございます♡^^

      そうなんですよ、今でもまだお引っ越しするかどうかは考え中なんですけど
      なんとなくそんな雰囲気になってしまいました(汗);;
      アメブロもアメブロで良さがありますからね〜。

      ところで、このカフェいいですよね〜〜!
      T-araさんも水出しコーヒーお好きなんですね^^
      ここの炭酸割り、ビックリするほどコーヒーと相性がいいんです!
      すっかり気に入ってしまいました〜♡

    • じゅんじゅん
    • 2013年 6月 16日

    じょんふぁさん^o^
    こんにちは。こちらにもおじゃましてみました〜。
    すごく素敵なカフェですね〜。チュンアンドンとナンポの間だったら結構てくてく歩いていたので、通ったことがあるのかも〜(≧∇≦)と思って、早く釜山に行きたくなりました^o^
    写真もほんとすごく素敵です^ – ^
    人の気持ちを動かす写真なんて、私はなかなか撮れません(._.)
    また、楽しみにしてますね〜(^_−)−☆

      • じょんふぁ
      • 2013年 6月 17日

      わああ!じゅんじゅんさん!!
      遊びに来て下さってありがとうございます^^めちゃめちゃ嬉しいです!!

      そうですよ〜、多分じゅんじゅんさんこのカフェの近くを歩いてらっしゃると思いますw
      私も全然気づかなかったんですけど、旦那が見つけたんですよ〜☆

      写真、ほめて下さって感激です〜!まだまだ一眼はじめて3ヶ月未満ですし、
      まだまだ精進しなくては、と思っていたので、
      そういう風に言ってもらえると頑張ろうって思いますよ〜(><)
      ぜひぜひまた来て下さいね〜(^^)/))

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】海外航空券バナー!!

管理人の自己紹介

釜山在住4年目の管理人「じょんふぁ」です。

韓国の第二都市「釜山」をテーマとして、お役に立てるブログを目指し、マイペースに現地の今をお伝えしています。コメントの書き込み大歓迎です!

「トラベルコちゃん」にて掲載中です!

総合旅行情報サイト「トラベルコちゃん 海外現地クチコミページ」にて、「釜山のプロ」の一人として「釜山のおすすめホテル15件」記事執筆をさせて頂きました。(2015年4月7日リリース済み)ぜひご覧下さい。下記画像クリックで「トラベルコちゃん」へ移動できます。↓

2つのブログランキングに参加中です。


にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ  

RSSでいち早く新しい記事が読めます♪

↓「feedly」でRSSが利用できます!

follow us in feedly

楽天トラベル株式会社
ページ上部へ戻る