釜山の基本情報

韓国の首都「ソウル」と第二都市「釜山」についての基本情報です。以下の項目に分けて書きましたので参考になれば幸いです。

point003_02韓国と日本の位置関係
point003_02釜山はどの辺にあるの?
point003_02釜山の基本情報-釜山ってどんな都市?
point003_02韓国ソウルと釜山の年間気温
point003_02ソウルと釜山の違い

韓国と日本の位置関係

まず大前提の基礎知識として、韓国の基本情報をざっくり見てみましょう。下記に日本と韓国の位置関係が分かる地図を作ってみました。これをご覧になっても分かるように、韓国は日本よりかなり狭い面積なんですよね。日本の面積=3777,900k㎡、韓国の面積=100,200k㎡…ということはつまり、韓国の領土は日本の4分の1程度なんですね。

日本韓国地図1000
日本の面積=3777,900k㎡、韓国の面積=100,200k㎡

距離も実は日本から最も近い外国です。特に、「福岡県(博多)」「山口県(下関)」から「釜山」へは船で数時間で移動できてしまうほどで、飛行機でも30分程度!「福岡県(博多)」と「山口県(下関)」は、釜山の姉妹都市にもなっています。

釜山はどの辺にあるの?

韓国の地図

さて、次の地図は韓国をもっとクローズアップしたものです。赤丸で囲ったところが釜山ですが、第二都市にしては意外と小さな街ですかね。

釜山の基本情報-釜山ってどんな都市?

釜山の地図

そしてさらにクローズアップさせたこれが、釜山の地図です。釜山の地下鉄の駅はお隣の「梁山(ヤンサン)市」や国際空港のある「金海(キムへ)市(発音は”キメ”に近い)」まで突入してたりしますが、地図上では赤い線より手前側までが釜山と定義されているようです。釜山の地域は、1群15区の構成です。

 

大韓民国の首都ソウルに次いで、釜山は第2都市です。南東に位置する貿易港で、日本で言うところの大阪的存在。釜山の地域は、1群15区で構成されています。人口約300万人前後、土地の広さは765.94k㎡だそうですが、東京は2188㎢、大阪は1899㎢なので、釜山は大阪の半分以下の土地面積ということ。土地が広くない分、効率よく回れるので観光には便利かもしれませんね。

釜山を象徴するトレードマークはツバキとカモメ。カモメは、おそらく全国的にビーチで有名な海雲台のイメージでしょうか。

韓国ソウルと釜山の年間気温

釜山は海洋性気候のため、年間を通して比較的気温の高低差が少なく、どちらかというと湿度は高めです。下記は、ソウルと釜山の2014年4月〜2015年3月までの1年間の最高気温と最低気温をそれぞれグラフにしたものです。

ソウルの年間気温
↑ソウルの年間気温
釜山の年間気温
↑釜山の年間気温

こんな感じで、北側にあるソウルと南側の釜山では気温もこのくらい違うんですね。年間の気候としては日本とさほど大きく違う訳ではないのですが、冬は日本より圧倒的に寒いです…!!零下何度の世界も韓国では珍しくなく、特にやはり北側のソウルは釜山以上に冷え込みます。防寒対策は必須ですよ〜。

また、夏でも日本と違って夜は日中よりぐっと冷え込むことが多いので、特に釜山の海沿いに行く予定のある方は夏場でもTシャツ一枚ではとても寒くていられないこともよくあります。基本的に、上着などのはおりものを持ってお出かけされることをオススメします。

ソウルと釜山の違い

印象として、日本の都市に例えるなら、ソウルは東京っぽく、釜山は大阪っぽい感じ。明らかに韓国の首都であるソウルの方が都会なので、お店の数や最先端のものは圧倒的にソウルの方が多いです。釜山はもっと地方感が前面に出ている港町といったイメージ。「釜山弁、釜山なまり」なんて言われる発音のアクセントや独特の言い回しを使う地域なので、ソウルとはまた違った韓国に出会えます。

 

また、人が多いのが苦手な人ならソウルより釜山の方がゆったりと過ごせるし、その分買い物や観光も並んだりすることもほとんどないので快適です。海雲台方面にはビーチもあるし癒し効果も高め。また物価がソウルに比べて安いのが魅力的!日本でも、東京でランチすると、1000円くらいだけど、田舎の方に行くと600〜800円くらいで食べられる!というような感じですよね。韓国でも同様に、釜山の物価の安さは特にレストランや宿泊施設ではそれを実感することがありますよ。

 

そうは言っても、実際住んでみると韓国の物価って決して安くはありません。。賃金と消費のバランスから考えても、あくまでも「安い」と思う感覚は、日本で生活している日本人だから感じることだと思います。
それから、これは東京と大阪を比較する時にもよく聞きますが、「都会の人は冷たいし、地方の人たちは親切であったかい感じがする」という感覚。これは韓国にもあるようです。もちろん、ソウルにも親切な人はたくさんいるし、釜山にも冷たくてマナーが悪い人もいますから、みんながそうだとは思いませんし、人それぞれだとは思うのですが、在住者から見ても、まあ確かにそういう傾向が少しはあるような気がします。

 

釜山にしかないものもたくさんあるので、個人的には釜山もいい所だと思いますが、一番大事なのは、ご自分が何を求めて旅行されるのかを考えて計画を立てるのがいいのではないでしょうか。^^

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】海外航空券バナー!!

管理人の自己紹介

釜山在住4年目の管理人「じょんふぁ」です。

韓国の第二都市「釜山」をテーマとして、お役に立てるブログを目指し、マイペースに現地の今をお伝えしています。コメントの書き込み大歓迎です!

「トラベルコちゃん」にて掲載中です!

総合旅行情報サイト「トラベルコちゃん 海外現地クチコミページ」にて、「釜山のプロ」の一人として「釜山のおすすめホテル15件」記事執筆をさせて頂きました。(2015年4月7日リリース済み)ぜひご覧下さい。下記画像クリックで「トラベルコちゃん」へ移動できます。↓

2つのブログランキングに参加中です。


にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ  

RSSでいち早く新しい記事が読めます♪

↓「feedly」でRSSが利用できます!

follow us in feedly

楽天トラベル株式会社
ページ上部へ戻る